ピエトロ・アーロン

ピエトロ・アーロン

ピエトロ・アーロン

ピエトロ・アーロン

ピエトロ・アーロン(Pietro Aron、またはPietro Aaron、1480年 – 1545年)は、イタリアの作曲家・。フィレンツェ出身。1523年にアーロンの中全音律の名で知られる1/4コンマ中全音律について初めて記述した。

著作

Libri tres de institutione harmonica (Bologna, Italy, )
Thoscanello de la musica (Venice, ; four reprints -)
Trattato della natura et cognitione di tutti gli tuoni di canto figurato (Venice, ; partially reproduced and retranslated into English in in O. Strunk’s Source Readings in Music History, N.Y.)
Lucidario in musica di alcune opinione antiche e moderne (Venice, )
Compendiolo di molti dubbi, segreti, et sentenze intorno al canto fermo et figurato (Milan, posthumous – title page bears the inscription: “In memoria eterna erit Aron”)

評伝

J.W. Link, Jr., Theory and Tuning: Aaron’s Mean Tone Temperament (Boston, )
Peter Berquist, “Mode and Polyphony around ; Theory and Practice”, Music Forum, I ().
Libri tres de institutione harmonica, Bologna (Vicifons)


「ピエトロ・アーロン」フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

「ピエトロ・アーロン」Google動画検索

「ピエトロ・アーロン」Google画像検索

「ピエトロ・アーロン」Googleニュース検索

<new>    -    <old>